歴代全日本バレーボール選手ファンになっちゃう!?イケメンランキング

最初にみてね

やよちについて:詳細はプロフィールへ
・全国大会出場(選手/指導者として)
・元Vリーガの元でコーチ指導法を学ぶ
・日本一(クラブカップ)のチームでバレー修行
・3年間公式戦勝ち無しの弱小チーム➜3週間で初勝利に導く(高校女子チーム)
・元高校体育教員
・現在40代。スポーツメンタルコーチとしても活動中。

「プレイヤーズセンタード」の理念を信念とし、バレーボールの指導を言語化し効率的な指導を情報として発信中!

選手が練習を主導し私が戦術を練る役割分担をすること1年。
戦術は初心者チームにマッチしやすいことを確信。私の得意分野は選手の意欲を掻き立てること。

 

全日本バレーボール選手と言うと

幅広い沢山のファンを持ち

私たちをいつも魅了してくれますよね?

この人気は一体どこからやってくるのか?

全日本男子バレーボール選手の

魅力とはどこにあるのか?

この記事では、全日本男子バレーボールの

人気、勝利をエースとして引っ張って来た

各選手の魅力をイケメンランキング

としてご紹介と共に

紐解いていきたいと思います。

 

全日本男子バレーボールの歴史

全日本男子バレーボールの歴史は

かなり古く、創設されたのは、

1927年で、なんと役100年程前!!

1960年に世界選手権に初めて

出場し1964年の東京オリンピック

では、銅メダルを獲得しました。

しかし、その頃は、女子の影響

の方が大きくあまり注目はされなかった

とか、、

しかし、1968年メキシコオリンピックで

銀メダルを獲得し徐々に全日本男子バレーボール

への注目度は上がっていきます。

1972年ミュンヘンオリンピックでブルガリア

に奇跡的な大逆転勝利を収め、

決勝戦でも強豪東ドイツに圧倒的勝利を

し、念願の金メダルを獲得!!

日本中、世界中を沸かせました。

ファンEさん
なるほど!この頃から、ふつふつと注目度が上がり、今に至ると言う訳ですね!!

では、早速栄冠は誰の手に!?

歴代エース全日本男子バレーボール選手

✨イケメンランキングBEST10!!✨

ご紹介していきます!!

 

10位 藤田幸光(ふじた ゆきみつ)

◎1960年4月23日生まれ(2022年現在61歳)189㎝。

◎最高到達点は、340㎝。

◎滋賀県長浜市出身。

選手概要

1981年~1982年にわたり

全日本バレーボール代表選手

として活躍。

引退後は、指導者となり

バレーボーラーの育成に

力を入れている。

この姿勢も引退後も魅力とされる

一つだと思いませんか??

 

9位 青山 繁(あおやま しげる)

◎1969年4月27日生まれ(2022年現在52歳)188㎝。

◎愛知県名古屋市出身。

選手概要

1992年~1999年までの長きにわたり

全日本代表を務めた。

攻撃としては、ブロックアウトを

得意とし、狙う巧みなる技術と共に、

サーブーレシーブの安定感から

リベロの経験もあったみたいです。

いわゆるオールラウンダー!!

見た目はもちろんのこと、

当時は、観戦するファン達も

技術力とともに、魅了されたのでは

ないでしょうか?

 

8位 福澤 達哉(ふくざわ たつや)

◎1986年7月1日生まれ(2022年現在35歳)189㎝。

◎最高到達点は、357㎝。

◎京都府京都市出身。

選手概要

2005年に清水邦広と共に

最年少で北京オリンピックに出場。

2005年より何度も日本代表として

選出されており、現在は惜しまれ

ながらも、ご引退されてます。

兄弟の影響でバレーボールをはじめ

中学時代の通知表はオール5と、

文武両立の素晴らしい選手でした。

兄弟との切磋琢磨された背景、

そして、勉学に向けての姿勢

なども、プレーと同じように

評価された人気の一つ

ではないでしょうか?

なかなか2つのことを極める事は

出来ませんもんね。。

 

7位 清水 邦広(しみず くにひろ)

◎1986年8月11日生まれ(2022年現在35歳)193㎝。

◎最高到達点は、348㎝。

◎福井県福井市品ヶ瀬町出身。

選手概要

多いのではないでしょうか?

沢山ある魅力の一つとして

利き腕の左手から繰り出される

強烈なるスパイク!!

幾度となく日本代表の危機を

救ってきたと思います。

21歳の若さで北京オリンピックに

代表選出された時の事は

今でも記憶に新しい方も多いのでは

ないでしょうか??

かなり話題になりましたもんね!

清水選手の魅力は若い頃だけではなく、

再起不能と思われるような怪我を

しながらも復帰し、今もとしを重ねながらも

第一線でエースの誇りと共に

不屈の闘志を持つ。

そこが、さらに清水選手の魅力を

増す、強烈なスパイスと

なり、ファンを引き込むんだと

思います。

バレーボールを始めたきっかけとして

お母様の影響だそうですが、

世界を相手にする大エースも、子供の

頃は、母の背を見ていたのかなと

想像すると、そのギャップ

たまりませんね。。笑

 

6位 越川 優(こしかわ ゆう)

◎1984年6月30日生まれ(2022年現在37歳)189㎝。
◎最高到達点は、347㎝。

◎石川県金沢市出身。

選手概要
2002年の釜山アジア大会において

異例の高校生初全日本男子代表入りを

果たし、破壊力抜群の高速ジャンプサーブ

は、世界に脅威を与えたと思います。

現在は、ビーチバレーボールで

ご活躍されてます。

なんと!お姉さんもバレーボーラー

だそうで、お父様、お母様も

全国大会の経験があり、バレーボール一家。

みたいです。姉弟で名が知れる程

活躍されるとは、同じ競技だからこそ

互いに励まし合い、刺激し合い技術を

身につけてきたのでしょうね。

お父様、お母様においても、自分の

専門競技で子供が大いに活躍する事は、

非常に誇らしいことだと思います。

そんな破壊力を持ちながらも幼い頃の

夢は、「パイロット」と、♥かわいい一面。

パイロットで世界を飛回ることは叶わなかった

かもしれませんが、

国を背負い世界を飛回る!と言う意味では、

半分。。夢は叶ったのではないでしょうか??♥

では、いよいよ!BEST5!!

発表していきます!

 

5位 山本 隆弘(やまもと たかひろ)

 

◎1978年7月12日生まれ(2022年現在43歳)201㎝。
◎◎最高到達点は、355㎝。
◎◎鳥取県鳥取市出身。

選手概要
山本選手のバレーボールを始めたきっかけが

面白すぎる!?

中学1年生の時、なんとバレー部には

友人しか部員がいなかったそう。

その友人に誘われ、「二人なら練習しなくても

いいし、1番楽そうだった。」

からだそうです。

入学時158㎝だった身長も

3年間で192㎝まで伸びその体格がスカウトの

目にとまり名門学校へ進学したそうです。

長身の左利きプレーヤと言う、バレーボール

プレーヤーとして最高の利点を存分に活かし

高い位置からのバックアタックを

得意とし、左利き特有の逆回転

ジャンプサーブで世界を相手に活躍

してきました。

ルックスは勿論のこと、

高い位置から打たれるスパイクが

決まった時のかっこよさは歴代1位!!

との声も多いです。

プレーもさることながら、大人の

雰囲気や、落ち着いた雰囲気から見える

歓喜の顔は、やはり素敵ですよね!

現在は、解説をしたり、タレントとして

活躍中です。

これだけの美貌があれば、タレントとしても

十分通用しますよね!!

 

4位 中垣内 祐一(なかがいち ゆういち)現全日本監督

◎1967年11月2日生まれ(2022年現在54歳)194㎝。
◎最高到達点は、346㎝。

◎福井県福井市出身。

選手概要
在学中の1989年に全日本男子バレーボール

に初選出され、同年開催のワールドカップ

に初出場。ルーキーイヤー、MVP、新人賞

などの賞を総なめにし、90年代の

スーパーエースとして日本代表で世界

と戦ってきた。

高校生時代は、全国大会の出場は叶わなかった

が、大学に入学後みるみる才能が開花し、

大学1年生からレギュラーとして活躍。

全日本男子バレーボールの監督にも選出され

プレーだけでなく、周囲からの信頼も

厚かったのでしょうね。

全盛期のジャンプ力は1メートルを

超えていたそう。

やはり、ルックスのよさから

モデルとしても大活躍だったみたいです。

「ガイチ」の愛称でみんなに慕われ

てたみたいですね!

ファンからの声として

「90年代のスター選手!」

との声が沢山あります。

やはり、スター選手は現在歳を重ね

られても、若々しく素敵な魅力

あちますね!!

そしていよいよTOP3

発表となります!!

第3位は。。

 

3位 高橋 藍(たかはし らん)

 

 

◎2001年9月2日生まれ(2022年現在20歳)188㎝。

◎最高到達点は、343㎝。

◎京都府京都市出身。

選手概要
2021年に行われたバレーボール

日本代表国際親善試合では、

チームトップの19得点を決める

程、スパイカーとしても有能な

選手。

小学生の頃にレーシーブ専門の「リベロ」

として活躍しており、現在もその経験を活かし

チーム員や監督も絶賛するほどレシーブも

得意みたいです。

どんなスポーツでもそうですが、

チーム員に褒められると言うことは

かなりの技術がある。と言っていいのでは

ないでしょうか!

スパイクだけでなく、レシーブも上手なんて

まさしく「スーパーオールラウンダー」

ですよね!!

コートでの活躍も後押しとなり、日本国内

だけにとどまらず、海外にも沢山の

ファンがいるようです。

ファンからの声としてとても

多いのが、はっちゃける用な笑顔と

真剣なときの顔のギャップがたまらない!!

スパイクを打つ時、背中に羽が見える!

など、高橋選手のプレーやルックスに

沢山の賞賛のこえがあがります。

これからの活躍に期待したいですね。

この若さと、ルックスと、誰もが目を引く

プレーで堂々たる第3位です!!!

堂々たる3位に続き

プレーでも、ルックスでも

ファンの心をつかみ続ける

第2位は。。。

 

2位 柳田 将洋(やなぎだ まさひろ)

 

◎1992年7月6日生まれ(2022年現在29歳)186㎝。

◎最高到達点は、337㎝。

◎東京都江戸川区出身。

概要概要
2013年から全日本男子バレーボール選手に

選出されており、その後、格大会で

優秀な成績を残し、数々の賞を

受賞してます。

2017年には、ドイツへ

プロ契約選手として移籍。

バレーボールドイツカップにおいては

決勝戦に出場し、日本人では初の

快挙を成し遂げてます。

試合は負けてしまったにもかかわらず、

両チーム合わせて最多得点の13点を決め

なんとなんと!MVPを受賞!!

その翌年には、全日本男子

バレーボールの主将となり、

見事にチームをまとめ上げます

ご両親の影響で

バレーボールを始めたそうです。

全国高等学校選抜バレーボール大会では、

主将を任されるなど、実力は

高校生の頃から存分に

発揮されてたみたいです。

海外で、このような大活躍をし、

海外舞台でも輝かしい功績を

残した主将なんて、めちゃくちゃ

かっこよくないですか!?

に、合わせてこのルックス、スタイルの

良さ!!

素晴らしいです!

さらに2022年には、バレーボールを通じて

得た、競技のスキル、や知識、経験を

配信していくなどし、学生などに、

自らの学びを伝えていくなど、

マルチな才能を開花中。

配信には、300名のファンが見守り行われた

ものもあり、老若男女問わず

沢山のファンがいる事が分かりますよね。

肌が白く綺麗で、知的な印象を持つ

ファンが多く、清潔感があり、

可愛らしい顔なのに、プレーに

なると、真逆の男らしさが

より際立って目立ち、その

高低差のあるギャップが

人気の最大のポイント!

とも言えるのではないでしょうか!

東京オリンピックでは、

全日本男子バレーボール選手に

落選してしまいましたが、

その時、柳田選手は、それでも

前向きな考えを持ち、

「常に上手くなろうとし続ける。

ただ、そこだけ。」

と言っています。

なんとも前向きな一言だと

思いませんか??

落選はされども、その悔しさも

周りからの言葉も

全部受け入れたうえでのこの

前向きな言葉。

アスリートとして、もう一度、

第一線で活躍したいとの闘志。

流石一流のアスリートだなと思います。

甘いフェイスからの

このような男気のある言葉。

柳田選手の人を惹きつける★魅力★ですよね。

今後の活躍に期待を持ち、

応援していきたくなりますね。

絶対的第2位!

間違いなしですね!!

それでは皆様お待ちかね!

いよいよ歴代全日本エース

男子バレーボール選手

イケメンランキング

第1位の発表です!!!

第1位は。。。

 

1位 石川 祐希(いしかわ ゆうき)

 

◎1995年12月11日生まれ(2022年現在26歳)192㎝。

◎最高到達点は、351㎝。

◎愛知県岡崎市出身。

選手概要
最近では全日本代表の主将

に就任されてます。

イタリアの1部リーグ挑戦した

結果、石川選手が得た技術など

思う存分に今期全日本代表主将

として発揮しチームを引っ張って

行ってほしいですね。

皆さん!

これは、もう、満場一致

と言っても過言ではないのでは

ないでしょうか??

プレーだけでなく、天性の美貌の持ち主。

笑顔は天使のように優しく、

プレー中には全集中で、相手を狩にいく

ハンターのような目つき。

バレーボールファンだけでなく

多種多様なところからのファンも

多いのではないでしょうか??

また、石川選手が好きになり、

バレーボールに興味を持った方も

数多くいるのではないでしょうか??

それほどの魅力を持つ石川選手は、

お姉様の影響で小学生から

バレーボールをしていたようです。

妹さんもバレーボール選手で現在も

活躍されてるみたいなので、

3兄弟全員がバレーボーラーだった

事になりますね!!

石川選手はジャンプ力が有り、

スパイクを打つ時のフォームが綺麗で

何をするにも丁寧にプレー

する印象を持つファンが多く

完璧だ!!と言う声もあります。

分ります。私も同意見です!!!

異国の地イタリアで奮闘する姿も

日本人でも海外で通用すると

見せつけてくれた、最高の選手!!!

と、プレーヤーとしての絶賛の声と、

ドラマに出てくるイケメン俳優や、

ジャニーズのようなかっこよさがある

スラッとした身長がモデルみたいで

素敵

と言った声も沢山あり、

全日本男子バレーボール選手

イケメンランキング

誰が見ても文句なし!堂々たる王者

第1位となりました。

最後に

皆さんいかがでしたか??

皆さんの推しの選手は順位に

入ってましたか??

ここでは紹介しきれないほど

素晴らしいプレーヤ、

かっこいいプレーヤが沢山います。

そんな沢山のプレーヤー達が

今の全日本男子バレーボールを

作り上げてきたのですね。

歴史を感じます。

選手の魅力とは。。。

プレーやルックスだけではないの

ではないでしょうか??

*バレーボールに対しての直向きさ

*諦めを知らない闘志

*心からの喜びの笑顔

*挑戦する姿勢

何よりも

バレーボールが大好き!!✨

と言う気持ちが、プレーから

伝わってくるのではないでしょうか。。。

私はそう思います。

今後の男子バレーボールに期待し

応援していきたいと思います。

 

 

https://twitter.com/7takahiro5/status/1444882834364190727?cxt=HHwWjsCyxYrSoI0oAAAA
最後にみてね

やよちについて:詳細はプロフィールへ
・全国大会出場(選手/指導者として)
・元Vリーガの元でコーチ指導法を学ぶ
・日本一(クラブカップ)のチームでバレー修行
・3年間公式戦勝ち無しの弱小チーム➜3週間で初勝利に導く(高校女子チーム)
・元高校体育教員
・現在40代。スポーツメンタルコーチとしても活動中。

「プレイヤーズセンタード」の理念を信念とし、バレーボールの指導を言語化し効率的な指導を情報として発信中!

選手が練習を主導し私が戦術を練る役割分担をすること1年。
戦術は初心者チームにマッチしやすいことを確信。私の得意分野は選手の意欲を掻き立てること。

 

シェアしてくれたら嬉しいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。